株・投資

紹介屋には要注意

紹介屋には要注意

(公開: 2014年7月30日 (水)

街中に見かける広告やダイレクトメールなどで、「多重債務の効率化任せてください」「負債をまとめましょう」というような宣伝を読むことが多いです。

 

このようなものは、「整理業者」「買取業」「紹介人」という名称の企業の嘘広告のときがあったりします。

 

こういったものを申し込んだ場合は自己破産申請プロセスの中で一番大切な免責許諾を受けられなくなるパターンも存在します。

 

「整頓人」というのはダイレクトメールなどで借金を抱える人は集め高い手数料を請求して整理をやりますが結局のところ借金整頓は行われないで、負債人はより一層の債務スパイラルにはまる結末がほぼすべてと予想されます。

 

「買取業」というのは当人のカードで電化製品、飛行機の券などをたくさん注文させて債務者からその商品を売値の10%や額面半値で買い上げるという手法が知られています。

 

当人はそのときは現金が手に入りますが少しすればカード業者によって品物の完全な請求がきて、負債を増やすことになります。

 

このときはクレジットカード企業相手の詐欺であるとされて免責がもらえなくなります。

 

「紹介屋」とは大企業の消費者金融から貸してもらえなくなった借金者について、直接的な融資はせずに、融通をする店を教えて、常識外の紹介料を受け取る悪徳業者です。

 

つなぎ業者は高度なつなぎでお金を貸し出しできたかにしゃべりますが、実際には特に何もせず、ただ選考の緩やかな店を説明しているだけというやり口です。

 

このケースだと現実には債務を悪化させる結末となります。

借金 減額